インセイン

『冬の朝』

プレイ時期・2015年5月31日

 インセインシナリオ集の『ディオダディ荘の怪奇談義』に収録の『冬の朝』を身内プレイ。一人用だからこんなもんだろう。

 

 

シナリオ導入

 冬の朝。それは全国各地の布団の中で孤独な戦いが繰り広げられている時間。だが、その戦いの背後には息を潜める邪悪な存在の陰謀があった……。

 

 

PC

林砕禍(24)/たこの

 新人かけだしのブラック“製薬”会社営業。激務、上司からの叱責、過酷なノルマ……最近の彼は病み気味である。

 しかし、それと裏腹にブラック営業マンとしての能力は高い。時に我慢し、時に効率よく脅し時に客を追跡し弱みをにぎり……

 ひどい失恋をした過去があり、それがトラウマとなっている。死にたい。だがなぜかその恋人と同居をしている。

 そんな彼が自宅で迎える冬の朝。それは果たして夢か現か。

職業・ビジネスマン

取得特技―脅す、我慢、他

取得アビリティ―召喚、資産

シナリオでの活躍

 ブラック企業に勤めるビジネスマン。夢の中ではドラゴンと弾劾裁判をしたりした。その場のノリで同居人をミサという恋人にしたが、一度失恋したはずなのに同居しているってどういうことなの

 狂気判定の中で実は同僚から疎外感を感じたりしている事が判明したりした。最終的にクライマックスの戦闘に敗れ、布団の中から出てこられず世界を滅ぼした。何を言っているかわからねぇとおもうg(ry。

 

 

NPC

ミサ

 砕禍の同居人である女性。語尾は『ぽん』。だが本編には登場せず。

 

ドラゴン

 ミサを喰ったのはお前だろう!(寝言)

 

 

GM・サウス

 冒険企画局が製作したホラーTRPGをプレイしたわけなんだが、うちのメンツにはサイコロフィクションの受けは悪いんだよなぁ……キャラロールがやりたい放題できるし、準備も楽だからいいシステムだと思うんだが。

 まぁ、今回は一人用で時間も短いし、こんなもん。こんなもん。シナリオ集には現代怪談をネタにしたシナリオもあるからどんどんやらないとな!(使命感)

inserted by FC2 system